HOME > 加齢臭豆知識 >年齢と加齢臭

年齢と加齢臭

加齢臭=オッサン、という気がしてしまうものですが、
いったい何歳くらいからこの加齢臭が始まるのでしょうか?

一般には40歳代後半かと言われているようですが、30代前半から臭ってしまう人もいるようです。
また、男性よりも女性のほうが表れるのが遅く、50代くらいから気になる方が多いようです。加齢臭はおやじの代名詞

とはいえ加齢臭の発生源は身体から出る皮脂(過酸化脂質や脂肪酸)が原因ですから、この皮脂の分泌量が多い体質の方は早くから臭いやすい傾向があるようです。

ちなみに皮脂の分泌量が最も多いのは思春期です。
それなのに若い方が皮脂の分泌が多くても加齢臭が出ないのは、酸化を抑制する力が大きい為です。

加齢により酸化を抑える力が弱くなるので中年以降で加齢臭が発生しやすくなるんですね。

皮脂量の多さは年齢だけではなく食生活も関わってきますから肉ばかり食べるよりも野菜等をバランスよく食べる、和食を心掛ける等の工夫も加齢臭対策になるでしょう。